ストウブでつくる簡単・やわらか・美味しいローストビーフのレシピ!

ローストビーフってつくるのが難しいイメージがあったりしませんか?ストウブをつかうと、そんなローストビーフも簡単においしく調理することができるのです。

そこで、今日はストウブでつくる【簡単】で【やわらかく】、そして【美味しい】ローストビーフのレシピを紹介します。

てっとり早くレシピが知りたいんだという人はこちらから↓↓
>>ストウブでつくる簡単ローストビーフのレシピ

スポンサーリンク

パーティー料理にローストビーフはピッタリ

ちょっとしたパーティー料理のおもてなしに何を作ろうかと悩んだことありませんか?

何種類もの料理をつくるとなると、さらに難しくなってきます。同時に作れる料理の数にも限りがあるし、温かい状態でだしたいと思ってもタイミングが合わなかったり。

そんななかで、ローストビーフはパーティー料理として非常に優秀です。その理由は、

・前日や当日の早い時間に用意できる
・冷めてても美味しい
・簡単なのに華やか
・ワインなどのお酒によく合う

だと私は考えてます。

「一般社団法人日本ホームパーティー協会」なる団体があり、そこがパーティー料理についてのアンケートをとっています。その結果の一部を紹介しますが、

Q.ホームパーティー、家飲みにオススメの肉料理は何ですか?理由も含めて教えてください。(フリー記述)という質問に対して、

多くの方からオススメがあったのが「ローストビーフ」。
理由は、「簡単で見た目が豪華に見える」「作るのは簡単だけど見栄えが良い」「華やかで、食べやすい」
引用元:一般社団法人日本ホームパーティー協会 https://hpaj.org/

みんな考えることは似てますね。このアンケートの詳しいことが知りたい人は以下から見ることができますよー

 一般社団法人 日本ホームパーティー協会 
ホームパーティーにオススメの肉料理は「ローストビーフ」!その理由は?
https://hpaj.org/research/1261/
日本でのホームパーティーカルチャー普及を目的として、ホームパーティー検定などを行う一般社団法人日本ホームパーティー協会()は、ピクニックパーティー協会()と共同で、「ホームパーティーの肉料理」に関するアンケート調査を行いました。その結果から

簡単に華やかにを考えると、ローストビーフがおすすめです!
(他にはシチューやポトフなんかもいいですよー)

ストウブでローストビーフを作る上でのコツ

ポイント1 塩の量

まずストウブに限らないのですが、ローストビーフをつくる上で塩の量は重要です。

有名レシピサイトにのっているレシピなんかでも、塩の量が正確に書かれていないものもあります。けれど塩の量って、できあがりのローストビーフの味に直結するんです。

で、肝心の塩の量については、肉の重さの1%(1/100)が目安です!!!

たとえば”500g”の牛肉にたいして、塩の量はその1%である”5g”となるわけです。これはステーキを焼くときなんかでも同様ですねー。豚肉や鳥肉だとまた変わってきますが、今回は牛肉に対する量です。

ポイント1:塩の量は牛肉の重さに対して1%入れる
(参考)食肉の下ごしらえ

ポイント2 温度管理

ローストビーフは温度管理も重要です。

温度が高すぎるとパサパサになるし、低すぎると生すぎて旨味もでにくいです。

ストウブではこの温度管理を、余熱調理でやってしまいます。火を消しても保温が続くストウブの特性を使ってるわけですね。

ポイント2:温度管理はストウブの余熱調理で

ストウブでつくる簡単ローストビーフのレシピ

では実際に、簡単・柔らか・うまうまなローストビーフをつくっていきます!

このレシピの所要時間:約1時間40分(肉を常温に戻す時間を合わせると約2時間40分)

使用するストウブ鍋は、牛肉のかたまりが入る大きさを選んでください。牛モモ300gだと18cm以上のピコ・ココット ラウンドが必須ですねー

「材料」
●牛モモ肉かたまり: 300g(鍋に入るお好きな量)
●塩       : 3g(肉の1%の量に調整
●ニンニクチューブ: 2〜3cm程
●こしょう    : 少々。粗挽きがおすすめ!
●オリーブオイル : 鍋底全体にうっすらとひく
「調理方法」
1. 牛モモ肉かたまりを冷蔵庫から取り出し、肉全体に塩とこしょうをまぶしてすり込む。その後、ニンニクチューブを肉全体に塗りつけて、1時間ほど室温で放置する。
おいしく仕上げるために、塩の量は測りましょう!
2. だいたい1時間たったら、肉を焼いていく。ストウブ鍋にオリーブオイルを鍋全体に薄くひき、中火で熱してうっすらと煙が見えたら、牛肉を全面に焼き色をつけていく。
だいたい一面あたり1分から1分半ほどが目安。

横の面もがんばって焼き色をつけよー
3. 全面に焼き色をつけたら、火を切り、鍋から肉を取り出して、アルミホイルを巻いて肉を包み込む。ここは手早くやるよ
4. 火を消したままのストウブに、アルミホイルで包んだ肉を入れる。蓋をして20分放置火は切ったまま!

5. 20分たったら、ストウブを中火で10秒ほど加熱して、火を消す。そして10分放置
(火は絶対に消してね)
鍋の中の温度が下がりにくするための工程だよ!
6. 10分たったら、お肉を取り出す。アルミホイルで包んだまま、室温で1時間放置する。放置するときに、肉汁があふれる可能性があるので、お皿などの上においておくこと。
7. 1時間たったら出来上がり!!!
好きな厚さに切って食べてね。薄く切るのがおすすめ

断面はこんな感じ!良いピンク色に仕上がってます

ローストビーフの完成です!つくるのも放置しているだけなので非常に簡単ですよ。

さあ食べよう…の前に。せっかくだから、おいしいローストビーフのタレも作ってしまいましょう!

ローストビーフのタレのレシピ

調味料をフライパンに入れて、少し煮立てるだけです。ではつくっていきましょう

「材料」
●しょうゆ   : 大さじ3
●みりん    : 大さじ1+小さじ1
●酒      : 大さじ1
●酢      : 大さじ1
●砂糖     : 大さじ1
●(あれば)アルミホイル内の肉汁
「調理方法」
1. フライパンに調味料を全て入れる。
ローストビーフを作ったときに、アルミホイルの中に残った肉汁があれば、それも全部入れる。なければ無いで大丈夫。
2. フライパンで弱火で5~7分ほど煮詰める。
出来上がり!!はやい
是非タレをローストビーフにかけて、食べてみてください。ローストビーフも美味いし、たれも良く合うしで最高の体験です。

今後、そこらへんのスーパーでローストビーフを買うことは無いかなと思えるくらい、感動しました。

ローストビーフと合うお酒は?

ずばりワインです!!

と言い切りたいところですが、ワインだけでなくビールなんかでも美味しいですよね。好きなお酒とともに楽しんでください。

ワインで合わせるのであれば、スパークリングワイン赤ワインがおすすめです。

先日わが家では仕事が一区切りついたご褒美に、ローストビーフをつくってシャンパンで乾杯しました。

大好きな、ほんのり甘口シャンパンの「テタンジェ ノクターン」ちゃん。紫色のラベルも素敵

辛口スパークリングももちろんローストビーフとの相性はいいですが、テタンジェ ノクターンくらいの、ちょっとした甘みがあっても非常に美味しいです。パーティーなんかで豪華にいきたいときもおすすめですよ。

赤ワインは好みがあるでしょうが、ピノ・ノワールがおすすめ。ローストビーフや調味料としてつかっている胡椒のスパイシーさと合います。例えばで挙げると、2000円台で手に入る、ニュージーランドのピノノワール、「マトゥア リージョナル マルボロ」。

何を飲もうかと迷ったら、試してみてください。

ストウブとお酒で、最高のローストビーフ体験を!

こんな記事もおすすめ

ストウブでつくる絶品おすすめレシピまとめ
>>ストウブ(Staub)の絶品おすすめレシピを紹介!最強無水調理カレーもあるよ

いまいちストウブの使い方が分からない、ストウブ初心者に特におすすめのレシピ本を紹介
>>ストウブ初心者に絶対おすすめの厳選レシピ本2冊。ストウブ料理のバイブルに

スポンサーリンク

↓ポチっと応援おねがいします!
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


グルメランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする